スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花火シリーズ③(久留米花火)

A5AA7311-1s.jpg

毎日が暑いですね(;^ω^)

外仕事の人が多いので、熱中症対策が・・・大変です。

無理をするなと良いながら、納期もありますからね。。。

A5AA7344-1s.jpg

今回は、8月5日に開催された「筑後川花火大会」をアップしています。

球数は18.000発で西日本一と言われて居ます。

筑後川の河川敷で最高の花火大会です(@^▽^@)ニコッ

A5AA7253-1s.jpg

ここ久留米の花火大会は、京町会場(下流川)と篠山会場(上流川)との2会場で開催競れます。

観客の一カ所集中を防ぐため(安全管理上)でしょうね。

今までは、下流の京町会場で撮影を楽しんでいたのですが、

今回は、上流川の会場へ!!!

A5AA7012-1s.jpg

屋台の数が少ないのと、「隣の芝生が綺麗に見える」って、事ですね(;^ω^)

尺玉もあがりますからね(@^▽^@)ニコッ

・・・・・良かったです(@^▽^@)ニコッ

A5AA7357+1s.jpg

屋台の数も多くて、絵になる風景ですね。

ひとりでの撮影は・・・・・・・いつものパターンですが(;^ω^)

幅と、打ち上げ(尺玉)・・・・

ちょっと、レンズの選定に失敗でしたね。

A5AA7264-1s.jpg

手持ちのレンズでは・・・・・二台体制で撮影しかないね(;^ω^)

もう一台もスタンバイさせておけば良かった(-´ω`-)シュン

来年への課題ですね( ´,_ゝ`)プッ

A5AA7375-1s_20150810132657b10.jpg

上がる花火の大きさが・・・・・(;^ω^)

甘く見ていたのだ(-´ω`-)シュン

来年は、がんばる(@^▽^@)ニコッ

A5AA7180-1s.jpg

久留米の花火大会は歴史が古く、慶安3年(1650年)、久留米藩2代藩主有馬忠頼公が水天宮に社殿社地を寄進し

その落成にあたって発揚したのが始まりです。

その後水天宮奉納花火大会として続き、昭和40年に筑後川花火大会と名前が変わりました。

今回が356回だそうです(;^ω^)

A5AA7381-1s.jpg

風向きが少し良くなかったのですが・・・

まずまず、撮影出来たので(@^▽^@)ニコッ

A5AA7361-1s.jpg

来年も同じ場所で撮影ですかね(;^ω^)

河川敷で、風も適度にあって過ごしやすい撮影でした。

・・・・・・次回も続く。。。。。

コメントの投稿

非公開コメント

StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
福岡県産です。

写真が好きで、何でも撮影対象です。

何事も楽しもう精神で日々活動しています。

プロフの写真は大昔のです!

FCカウンター
リンク
フリーエリア

PHOTOHITOブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。