スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎帆船祭り 2

長崎帆船祭り

日曜と月曜に行けなかった(;´・ω・)

セイルドリル(帆を張る作業)帆を張った雄姿が撮影できなかったよ。+゚(pωq)゚+。エーン

来年は・・・撮影したい(海王丸と日本丸の両雄を!!!!)

A5AA6848-1s.jpg

左が日本丸です!

綺麗な姿ですよ(@^▽^@)ニコッ

「海の貴婦人」ち讃えられた初代日本丸の後継船で

国内ですべてを作った初の大型帆船だそうです

世界でもトップクラスの高速性能を誇るそうです。

ちなみに増すとの高さは・・・50mだそうです。

A5AA6835-1s.jpg

左の帆船は ロシアの大型帆船で「ナジェジュダ」・・・日本語で「希望」だそうです。

大きさは日本丸とほぼ同じです。

増すとの高さも49.5mです!

さすがに大きいですよね。

夜の写真絵へ進みましょう(@^▽^@)ニコッ

A5AA6950-11s.jpg

今回は花火の煙にも影響られないで撮影できました。

撮影場所の設定に苦慮するのですが・・・

時間もなく、早々に設定したのが良かった(;^ω^)

結果オーライでした!!

A5AA6923-1s.jpg

短い時間の花火ですからね(十五分)

周りの山からの写真も撮りたいのですが・・・

早い時間から場所取りが必要なようですからね。

A5AA6925-1s.jpg

場所が限られるのと・・・坂の町ですから、駐車場も無いからね。。。

数回行き止まりと、狭い道にはまった経験が・・・・トラウマです(;^ω^)

A5AA6954-1s.jpg

天候もよく、楽しい時間を過ごせたことが1番です(@^▽^@)ニコッ

来年も楽しみに行きたいと思います。

A5AA6931-1s.jpg

長崎の夜景ももっと撮影したいですからね。

ランタンフェスタは撮影して居ませんので、来年はこれも撮影ですな(;^ω^)

A5AA6928-1s.jpg

異国情緒が漂う町長崎・・

時間の流れが止まったかのような錯覚さえ覚えるような

すばらしい町です

A5AA6930-1s.jpg

大好きな町です。

これからも、楽しませてくださいね(@^▽^@)ニコッ

A5AA6972-1s.jpg

最後は・・・・欲を出してしまって、白飛びをしてしまった(;^ω^)

長崎、帆船祭り終了です!

ありがとうです(@^▽^@)ニコッ
スポンサーサイト

長崎帆船祭り

長崎帆船祭りへ急遽行って参りました(;^ω^)

二年ぶりの撮影です(@^▽^@)ニコッ

A5AA7025-1s.jpg

三大夜景といわれているように、綺麗な景色ですね。

男がひとりで来るような感じではないですが(;^ω^)

イベントの為に・・・周りは、良いな(;^ω^)

A5AA6908-11s.jpg

帆船のライトアップと女神大橋のあかりが綺麗です。

手前の小型船が無ければさらに良かったのですが(;^ω^)

A5AA6996-1s.jpg

今年は、日本丸が寄港していましたね。

海王丸は最近ご無沙汰かな・・・

海王丸と日本丸の姿を同時にみたいです(;^ω^)

A5AA6998-1s.jpg

でも、さすがに大きくて画角に収まりません(;^ω^)

おまけに船首は・・・・海に突き出していますので。。

A5AA6993-1s.jpg

魚眼でこんな感じですね(;^ω^)

前回は、もう少し全体像を撮せたのですが・・・・・

仕方がないです。

日本丸の後ろにある帆船は・・・

こんな感じで撮せますよ。

A5AA7006-1s.jpg

残念ですが(;^ω^)

おまけにこの帆船は、LEDライトかな・・色を変えてくれます。

見栄えは良いけど、撮影には・・・・・(;´・ω・)

土曜と日曜には花火も上がりますよ。

15分程度ですが・・

場所の設定は・・・・・・・・・


今回は、ギリギリでしたので会場の端っこです

A5AA6951-1s.jpg

花火の写真は。・・・・

またです(;´・ω・)


藤の花も撮影して居ますが・・・・

そのうちに( ´,_ゝ`)プッ

JR ななつ星

JR九州の目玉!

豪華列車のななつ星!

作成費用が30億だったでしょうか・・・・

驚くほどの金額ですね(;^ω^)

旅行費用も。。。57万程度らしい(詳しくは検索してね(;^ω^)

来月(10月15日)から運行開始らしいですね。


おいらは撮り鉄でものり鉄でもありませんが(;^ω^)

本番の運用に向けて試走をしているらしい情報は知っていましたが・・・



A5S_6394-1s.jpg

ななつ星の姿を何処で撮影するか・・・

迷っていましたので、いつもの場所で橋梁をメインにウロウロと

A5S_6395-1s.jpg

湯布院の森号を撮影!

ここからは遠いかな(;^ω^)

A5S_6383-1s.jpg

特急ゆふ号!


いやこっちからは・・・・


考えながら、移動の繰り返し・・・

俺って暇だな( ´,_ゝ`)プッ

で、最後の場所へ移動して・・・通過列車を待っていると!!!!

おっ、姿の違う列車だ・・・

えっ、嘘だろうドキ───Σ(゚Д゚;)───ン

A5S_6400-11s.jpg

ななつ星さまの登場です!

A5S_6406-1s.jpg

心の準備も出来ていないのに(;^ω^)

シャッターを切るので精一杯でした。。。

でも、撮影出来て良かった(@^▽^@)ニコッ

数日後も走ったらしいので、再度ウロウロしましたが。。(-´ω`-)シュン


ちょっと、悔しいので。。。

にわか撮り鉄になって・・

26日にACクローズアップ列車の運行が予定されていましたので再度!

A5S_6887-1s.jpg

待っていると。。。

湯布院の森号が走ってきました(@^▽^@)ニコッ

少し光が正面にかかっていませんでした。

奥の方の踏切には、カメラマンがいました!

A5S_6895-11s.jpg

再度、先の踏切へ移動し

待っていると、やってきましたA列車!

おぉぉぉl、

おいらにもわかるA列車!

あっ、正面に書いてありますからね(;^ω^)

A5S_6896-11s.jpg

帰りもここを通りますし、時間もだいたいわかっていますから!

夕方も撮るぞ!

って、張り切っていましたが・・・

打ち合わせが伸びすぎて、断念でした(-´ω`-)シュン

A5S_6898-1s.jpg


後ろ姿のA列車!

撮り鉄じゃなく、タマには列車の旅も良いでしょうね。

あっ、ななつ星は無理ですが(;^ω^)



JR北海道の管理体制、危険すぎますね。

安全には細心の注意を払って欲しいですね。

甘えてはいけません、信頼がなくなったときに全てが終わりますからね。

三連水車

A5S_4394-1s.jpg

引き続き水車です。

これがメインの三連水車です(@^▽^@)ニコッ

奥に見える山が耳納連山です!

筑後川を挟んで山の方が筑後でこちらが筑前になりますね。

A5S_4560-1s.jpg

正式な名称は「菱野三連水車」と言う。

設置時にはどうも二連水車で後から追加としたと言われている。

大きさは、先頭が4.76m、4.30m、3.98mと下流側へ

小さくなっています、水車の回転と水量などに関係しているのでしょうね。

ますます、恐るべし先人達ですね。

A5S_4567-1s.jpg

両脇に柄杓を抱え、揚水量は1日に約8,800トン

灌水地域面積は13.5ヘクタール

たとえる対象物がありません(;^ω^)

人の力に頼らず、無人で仕事をします。素晴らしい・・の言葉ですね。

A5S_4562-1s.jpg

この堀川は、筑後川より一部岩をくりぬいて作られています。

筑後川に関をもうけ、この堀川へ水を導いています。

この、十数キロ先にも関をもうけ、田畑へ冠水させる用水路もあります。

機会があればアップしようかと・・・写真が無いが(;^ω^)    (撮影しろ、ですよね)

外にも更に上流には、トンネルを掘って水路を造った所もあります。

これは、以前撮影していますので・・・機会があればアップしますね。

A5S_4573-1s.jpg

水との戦いが昔から行われています。

水を制することが国を制すると。

制するとは、力で押さえ込むのではなく、上手に付き合うことなんでしょうね。

これも、先人の人が色んな対策をやっていました。

河川の改修などで新しく作り替えているけど・・・・力で制しているようですね。

河川の姿は昔の姿が一番良いのかもしれません。

環境にも優しい。。。

人間のエゴで推し進めない限り!


22-s.jpg

月は220年以上眺めているのでしょうね。

満月の夜の三連水車を

10-1s.jpg

朝倉の水車群

IMGP1707-1s.jpg

ここは福岡県は朝倉市

水車群として今も現役で頑張っています。

揚水式水車として、水の流れで水をくみ上げる。。

そうです、水の流れを動力とする!

素晴らしい技術ですね(@^▽^@)ニコッ

IMGP1701-1s.jpg

作成は 今から250年前の江戸時代と言われています。

恐るべし先人達よ!

でも素晴らしいですね、動力などを使わないで、二十四時間働く水車は

限りなくエコですね。

IMGP1700-1s.jpg

この掘り割りは、筑後川水系より関をかいして水を取り込んでいます。

掘り割りより低い田畑を潤わせるために作られています。

2連水車が2基 三連水車が1基 この3基の水車群で35ヘクタール(;^ω^)

広大な田畑に五穀の恵をもたらしていますね。

A5S_4312-1s.jpg

凄い水の量をくみ上げていますね。

蒸気機関車が走るかの如く・・・

蒸気機関車を知らない人には申し訳ないですが(;^ω^)

A5S_4324-1s.jpg

この水車は、三連水車の下流川の1基です。

この下流に一基有ります。

A5S_4307-1s.jpg

小雨に打たれた・・・朝顔・・昼顔(;^ω^)

優しい顔でお出迎えでした(@^▽^@)ニコッ

って、三連水車は次回へ(;^ω^)



StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
福岡県産です。

写真が好きで、何でも撮影対象です。

何事も楽しもう精神で日々活動しています。

プロフの写真は大昔のです!

FCカウンター
リンク
フリーエリア

PHOTOHITOブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。